頑固な脂肪は脂肪吸引施術で取り除こう!楽にできるダイエット方法

隅々の脂肪も除去

ウエスト

脂肪を粉砕して吸引

自分の力でダイエットを成功させることが困難という人の多くが、脂肪吸引やキャビテーションなどによって体を細くしています。脂肪吸引とは、体に管を通し、その先端で脂肪を体から削りながら吸い取るという施術です。そしてキャビテーションとは、脂肪を超音波で粉砕して液状にするという施術です。液状になった脂肪は、燃焼されやすくなったり、その場から流れていき、老廃物として排出されたりします。いずれの場合も、脂肪が施術部位からなくなるため、高い痩身効果が出てきます。そして昨今では、これらを組み合わせたベイザー脂肪吸引がおこなわれるようになっています。ベイザー脂肪吸引では、まずは通常の脂肪吸引と同じように、体に管が挿入されます。その管の先端からはベイザー波という超音波が出され、それによってキャビテーションと同じように脂肪が粉砕されます。そして液状になった脂肪を、管でどんどん吸い取っていくのです。削り取る場合よりもスムーズに吸引できるため、ベイザー脂肪吸引は注目を集めています。

アフターケアが必要

脂肪を削り取るタイプの脂肪吸引では、神経や血管を傷つけないようにするため、それらが入り組んでいる部分には管は通されません。そのため、施術部位の脂肪はある程度残ることになります。しかしベイザー脂肪吸引では、隅々の脂肪もしっかりと吸引されます。具体的にはその部位から、約90%もの脂肪を除去することが可能となっています。なぜなら神経や血管は、脂肪のようにベイザー波によって粉砕されないからです。つまり神経や血管を傷つけることなく、脂肪のみを吸い取ることができるわけです。ただし除去されるのは、当然ですが施術部位の脂肪のみです。隣り合う部位には脂肪が多く残っている状態なので、ベイザー脂肪吸引の施術後には、体に脂肪の量の差による段差ができてしまうことがあります。そのためアフターケアとして、脂肪の量を均等にするためのマッサージが必要となります。マッサージにより、隣り合う部位から施術部位へと脂肪を流し込んでいくことで、段差はなくなり、体のラインはなめらかになっていくのです。